晩御飯は切り干し大根

2015年3月7日 / ブログ

昨日の夜はけんちん汁を食べたのですが、今日は朝から一日中お腹が張ってしまって、おそらくお腹の中にガスが溜まってしまっているのでしょう。けんちん汁は大好きで、その中に入っている根菜類は大好物なのですが、おいもなどを中心にガスを出すものが多いことも確かです。ここのところ大分気をつけて食べ物を選んではいるのですが、やはり食べ過ぎはすべてにおいて大敵かもしれません。

 それで今日も昨日の残り物を食べているのですが、夜は予定が大幅に変わったので昨日買ってきた油揚げを使って切り干し大根でも煮ようと思います。切り干し大根もう水溶性の食物繊維を沢山含んでいるとのことです、さらに油揚げは割合賞味期限が短いものなので、はやめに使い切ってしまう必要があります。

 豆腐なども賞味期限の切れているものは実は危ないらしく、私は以前賞味期限の大幅に過ぎた湯葉を山へいく前日に食べたところ、下痢にはならなかったのが幸いですが、ずっとお腹の調子が悪くなってしまい、一日中気になってしまうことがありました。

食生活の改善

2015年2月21日 / ブログ

なんだか食物繊維を注意して摂るということを意識していたらやたらと空腹感を覚えるようになりました、消化のいいものを多めにとっているからか、もしくは単に栄養分が不足しているのか、いままで腹十二分目くらい食べていたということなのか、消化のことを気にしている結果少な目に摂るようにしているのか一体何が本当なのかよくわからなくなってきましたが、今日買い物をしていて思ったことは案外お金がかかるということでした。

 なんでも食生活にしても少し変化させようとするときは普段買わない食材を購入したりすることになりますので、出費がかさむ反面、そうした健康に気を配るのなら少しでも体にいいものを(某巨大食品大国の安価な食品についつい手を出してしまいそうになるのですが)と考えると手に取るものも慎重になります。

 とはいえ、一時期確か、ベジタリアンに変更した年、いまから7年くらい前のことですが食べ物に気をつけていった結果結構太ってしまい友達に笑われました。

新米がもちもち

2015年2月11日 / ブログ

最近は、スーパーでも色々な種類の新米が販売されているので、私も今の時期の楽しみとして、よく購入をしています。

その新米の良いところは、なんといっても水分を多く含んでいるということです。

その水分を含んでいることによって、それを食べると、口の中でもちもちとした食感を感じる事ができます。

私の母親は、そのもちもちした食感を活かして、おはぎを作っていました。おはぎといえば、もち米で作る事が通常ですが、今の新米だと作る事ができるようです。私もその新米で作ったおはぎを食べてみました。すると、もち米で作ったおはぎと間違うくらい、モチモチ感を感じる事ができたので、本当に素晴らしいと思っています。

また、新米でご飯を炊くと、その香りもご馳走となることができます。ご飯を食べる前から、その新米を口に含んだ時の、甘い香りを思う事が出来るのです。

私の場合は、新米の時期には、あまりおかずがいらないと思っているので、いつもよりも少なめのおかずとして、そのお米を楽しむことにしています。

いなくなった猫

2015年1月27日 / ブログ

先日、ポストのなかに、私の住んでいるところの周辺で、ある人が飼っていた猫がいなくなったので、情報が欲しいというチラシが入っていました。そのチラシを見ると、その猫の写真や特徴が書かれてあったのです。また、その猫を乗せて車で移動している時に、私の住んでいるところの周辺に、車から飛び出していなくなったということでした。

その内容をみた時、私も犬を飼っていますので、他人事ではないと思ったことでした。私の犬の場合は、一度自宅から脱出をしたことがあって、そのときは警察に連絡をして、警察で保護をしてもらっている所を、迎えに行くことができたのです。

その場合は、見つけた人が拾得物として警察に届け出をすることによって、警察で保護をしてもらうことができるのでした。

そのため、警察に保護されていたらいいのにと、その猫の場合も思ったことでした。

また、近所を歩いている時に、その猫に似た猫をみたときは、連絡をしてあげたいと思っています。

インスタントラーメンと惣菜の昼食

2015年1月19日 / ブログ

今日のお昼ご飯は家族にもらったフグ味のインスタントラーメンです。一体どんな味のものだろうかと余計な具材は入れず、素ラーメンとして食べたのですが、感想としては塩味に少し魚風味を加えたようなものでした。私はフグを食べたことがないのではっきりしたことは言えませんが、おそらくまったくフグの味とは違うと思います(笑)

でも不味いということはまったくなく、麺を食べた後はスープにご飯を入れて残らず食べました。それも含めて普通に美味しかったです。

他に食べたものは惣菜の餃子、ひじきの煮物、イカの天ぷらで、昨夜の残り物なのですがどれも無難な味でした。そして今夜は母が遅くなるのでその分の惣菜も冷蔵庫に入っているのですが、2日連続で惣菜はきついです。いや、それなら自分で作れって話しですが(笑)

前に家族で作った手作り餃子はとても美味しかったのでまたみんなで作りたいものです。よく家族で一緒に過ごす時間の大切さみたいなことが語られますが、それは手作り料理とスーパーの惣菜を食べ比べるとよくその意味が分かる気がします。

図書館で借りたのは遺伝子と人体の本2冊

2015年1月9日 / ブログ

今日は図書館に返却期限を過ぎていた本を返し、そしてまた新しい本を借りました。返したのは地学と太陽についての2冊の自然科学の本で、今回は少し前から読みたくなった遺伝子についての図入りで基礎の本と、前から最低限のリテラシーが欲しいと思っていた人体の図入りの本です。

本当はその他に量子や元素の本を読みたいと思っていたのですが、図書館でそれ系のものをぱらりと中身を見てみたらなんとも小難しく、お堅い雰囲気の本ばかりだったので今回は遠慮しました。もっと身近なところから科学知識を身に付けて行くことにします。

遺伝子と人体はどちらも人間にとって身近で関心が高いことですし、それに関係するビジネスもこれから更に盛んになって行くでしょう。そのためにぜひ最低限のリテラシーが欲しいと思っていたし、それを身に付けることで普段見る生体に関するビジネスや研究結果のニュースの意味が分かるようになれたらいいなと思っていました。そうしてより未来を楽しめるようになりたいです。

スイカシャーベット!

2014年12月21日 / ブログ

気まぐれにスーパーでスイカを買ったら、おそろしくおいしくないスイカに当たってしまいました。

一口かじってほんのり甘いかなくらいで、二口目以降はまったく味がなくてただひたすら水っぽいだけ。それ以上食べる気になれません。

しかし買ったスイカは一玉の四分の一サイズ。まだまだ先は長いです。

とてもこのまま食べ続ける気にはなれなかったので、何かに加工できないかと思ってクックパッドで「甘くないスイカ」で検索したら、スイカシャーベットの作り方が出てきたのでそれを作ってみることにしました。

材料は甘くないスイカと砂糖、レモン汁とのこと。早速我が家の冷蔵庫をあさったんですが、レモン汁が残り少なかったので砂糖の一部を蜂蜜で代用して香り付けしてみました。

スイカをスプーンでつぶして、他の材料とまぜまぜ。冷凍庫に入れて固まりきる前に一回まぜて、再度冷凍。うん、意外と簡単。

できあがったシャーベットは食感もしゃりしゃりしていて、ちゃんと甘くておいしかったです。

今度甘くないスイカに出会ったら(って、甘くておいしいスイカが一番ですが)また作ってみようと思います。

女子なので体調管理をしっかりします

2014年12月5日 / ブログ

最近、暑くてもう夏バテしてる人が多いです。会社の先輩や後輩でもほとんど女性は冷房の冷えとかとも戦っていたり本当に女性ってか弱いんです。自分でいうと、ちょっと信じてもらえないんですけど、私も冷え症がひどくって会社に行くときはいつもカーディガンを持っていったりアームウォームやレッグウォーマーを利用して身体から冷えを守っています。そして、室内はエアコンで乾燥しているので乾燥からも肌や髪の毛をまもらないとすぐに肌や髪の毛がボロボロになってしまうんです。で、今日からちゃんと体調管理をしっかりしようと思い携帯のアプリで体調管理やダイエットなどの管理ができるアプリがあったのでダウンロードしました。そこには、毎日の体温や生理日、それからご飯を食べた時間や睡眠時間などを細かく書いていくんです。それで、簡単に自分の体調を管理できるんです。学生のときはあんまりそういうこと考えてなかったんですけど、会社に入って先輩たちからいろいろ話を聞いてると健康は

自分でしっかりしないとダメだと気づいたので今日からしっかり管理していこうと思います。一人暮らしなので体調崩したらもう大変です。頑張ります。

日帰りレーシック手術

2014年11月10日 / ブログ

私の母親は、老眼が進行してきて、テレビの画面が見えなくなったということで、残念がっていました。そのため、眼科を受診することにしたのです。するとやはり、かなり老眼が進行していたのでした。そしてそこで、レーシック手術を勧められたのです。

それをうけることによって、今までよりも楽しく暮らすことができるとすれば、今受けたほうがいいと思って、母親に対して、私の方からも勧めることにしました。

すると、母親もテレビを思う存分楽しみたいということから、その手術を受けたいという気持ちになったのです。

そしてそれはなんと、日帰りで手術をうけることができるということでした。そして実際にうけることになりました。

その手術自体も、30分で終了して、その手術直後は、少し痛みがあったようですが、その後はそんなに痛みはなく、経過することができたようです。

そしてその結果、テレビが見事にはっきりと見えるようになったと、とても喜んでいます。

子供のころの図鑑と言うもの

2014年10月25日 / ブログ

大人になると図鑑というのは見ないものなのかな、と思いながら、図鑑のかわりに実物とみることが多くなるのかなとも感じます。

学生のころの植物図鑑が出てきました。最近、めっきり少なくなった手紙ですが、便箋に何かわからない植物の絵が描かれています。それを使って手紙を出そうとする相手は、植物学が専門のかただったりします。とんでもない話です。かといって、白い紙では味気ないので、ふと、植物図鑑があることを思い出し、倉庫から引っ張り出してきたというわけです。

子供のころの図鑑は、本当に見事だと思います。よく、子供に、このことをわかりやすく説明しなさいと言われ、大人がことばに困ることがあります。子供でも分かりやすい、というのは、大人でもわかるし、再確認できるということです。

絵画と植物図鑑の絵、写真を見比べます。どうしてもわからないものがあり、お手上げのものが出てきました。しかし、良く考えてみれば、絵画は写生してあるものとは限りません。どう見てもおかしい物もあるのです。

TOPへ戻る